NEWS ABOUT Solution WORKS TEAM BLOG お問い合わせ JP EN

Service サービス一覧

CMSサイト制作

CMSとは

CMSとは、「 Contents Management System : コンテンツ・マネジメントシステム」の略で、ウェブブラウザからウェブページの更新を行えるWEBサイト管理システムのことを指します。
スパイスワークスでは以下のような CMS への対応が可能です。
・Movable Type
・WordPress
・Drupal
・PowerCMS

CMSの様々な利用用途

CMSの最も一般的な利用用途としてはブログが知られていますが、最近では企業などの「コンテンツマーケティング」に活用されるケースも多くなっています。
また、製品のFAQページやマニュアルなど、頻繁な追加更新が必要とされるコンテンツでも多く利用されています。昨今はCMSの利用がより普及したことで、コーポレートサイトそのものを CMSで作成するケースも一般的になりつつあります。

CMSの乗り換えでサイト運用の課題を解決

セキュリティや運用コスト、UI 等の問題で以前の CMS から乗り換えをご相談いただく機会も増えています。スパイスワークスではニーズに最適な CMS のご提案やサーバーの選定・セッティングからご提案し、システムの保守まで一貫して対応することが可能です。

CMS活用で迅速な情報提供を実現

Webサイトの公開後、いかに効率的かつクオリティを確保して運用するかは難しい課題です。最新の情報をいち早く掲載でき、また一度公開した内容をそのままにせず、アクセス解析でユーザーの動向を把握し、適宜文章やキーワードを更新していくことも重要です。
このようなケースで都度制作会社に依頼することなく、自社で迅速にWEBサイトを更新できるのが CMS 導入のメリットです。

ブランディングツールとしてのCMS

せっかくWebサイトをリニューアルしてブランディング効果を高めても、その後の自社内での運用更新によって徐々に形が崩れ、デザインやユーザビリティの統一性がなくなってブランディング効果を損なってしまうことがあります。
CMSを用いてサイトの運用を効率的に行えることはもちろん、誰が運用してもサイトが崩れない強固なガイドラインとなり、持続可能なブランディングを実現できます。

豊富なバリエーション

現在ではMovable Type や Word Press 、Drupal 、PowerCMSなどのプラットフォームを活用したWebサイト運用が一般的となっており、スパイスワークスではいずれのプラットフォームにおいても対応が可能です。
また、汎用的なCMSではセキュリティ面で不安をお持ちのお客様にも、独自CMSによって、より安全なかたちでシステムを提供することが可能です。
医療機関向けCMS、介護事業者向けCMSなど、自社サービス運用の実績もあり、様々な機能を持つCMSをオリジナルで開発することが可能です。