NEWS ABOUT SERVICE WORKS TEAM BLOG RECRUIT お問い合わせ JP EN

ママは在宅勤務

4月にスパイスワークスに入社したばかりの、鈴木と申します。
はじめてのブログ担当にどきどきです。

現在、4歳女児の子育て真っ最中のため、「在宅で時短勤務」という、なかなか珍しい勤務形態をとらせてもらっています。実はスパイスワークスには、すでに在宅勤務の大先輩がいらっしゃる!ので、今回は主婦目線で書かせていただこうと思います。

今までは時短勤務で通勤していたのですが、スパイスワークスへ入社することになったときに、以下のような問題が・・・

職場から娘の保育園までの通勤時間が今までの倍ほどかかってしまう
  ↓
保育園へのお迎え時間はずらせない
(延長はできるが、あまり遅くなると寝かしつけまで遅くなってしまう…)
  ↓
ただでさえ時短なのに、勤務時間が減ってしまう!
  ↓
じゃあ、在宅で時短勤務では…?

ということで、週5日在宅で時短勤務という形に落ち着くことになりました。

私としては、娘が小さいうちはなるべく一緒にいてあげたい…とはいえ、将来のことも考えると仕事は続けていたい…と思っていたため、本当にありがたいことです。

ただ実質として勤務時間がフルタイムの社員よりも少ないので、同じ「2営業日先」の締切でも、かけられる時間は約半分しかない…。そのため、現時点ではあまり急ぎでない作業や、補助的な作業などに配慮してもらっています。

主婦(夫)目線からの在宅勤務のメリット・デメリット

メリット

  • 通勤時間の分、仕事や家事ができる。また、昼休みにもちょっとした家事ならできる。
  • もし娘に何かあった場合や、自然災害のときなど、すぐに保育園へ迎えに行ける。
  • 自宅に一人なので、作業に集中しやすい。
  • 急な雨のときに、洗濯物が取り込める。宅急便を受け取れる。(笑)

デメリット

  • 時短の分を挽回しようと、根をつめすぎてしまう(性格にもよりますね・・)
  • 他の社員と、なかなか親睦できない。直接声をかけることができない(相手からも、様子が見えない)
  • 認可保育園にやや入りづらくなる(自治体によっては違うかもしれません)
  • 身なりに気を使わなくなる(笑)

個人的には、家事と仕事を両立するうえで在宅はかなりメリットが多いと思いますので、お勧めです!上記にはデメリットも挙げていますが、ちょっとした心がけで解決(ないしは軽減)できそうです。

対策

  • こまめに連絡・確認をする。(必要あれば音声通話ツール等も使って)
  • 昼休みなど、長めに席を外すときはその旨伝える。
  • 携帯などのアラームやタイマーを使って、仕事・プライベートをなるべく分ける。
  • 決まった出社日以外にも、出社できそうな日があればなるべくちょこちょこ顔を出して、仲良くする!

女性が、結婚して子育てや家事をしながら働くということは、やはりまだいろいろな問題があり、難しい面も多いですよね。かくいう私も、夫や両親の理解や協力がなければ、こうしてスパイスワークスでお仕事をすることも難しかったと思います。

<おまけ>
もうちょっと、なんとか工夫したいのですが…仕事も生活もまだ試行錯誤中です。

 5:30~ 起床、家事開始(洗濯機オン、洗濯物を畳む、朝食仕込み、
     余裕があれば夕食の仕込みも)
 7:00~ 娘を起こす…が起きないので、自分の身支度
 7:30~ 娘と一緒に朝ごはん(なかなか食べない)
 8:00~ 娘着替え、朝食の後片付け、洗濯物干し、娘の検温して連絡帳記入
     (前日の夕食メニューとか、書くのけっこう面倒)、娘と一緒に歯磨き(なかなかしない)
 8:40~ 家を出る(いろいろなものに気を取られ、なかなか進まない)
 9:00~ 保育園へ娘をあずけ、夕食の買い出し(9:00から開いてるスーパーが助かる)
10:00~ 自宅で勤務(昼休みの間に、少し夕食の仕込み)
16:30~ 勤務終了、ばたばたと洗濯物を取り込む(が、部屋に吊るしたまま…)
17:00~ 保育園へお迎え(体重16kgの子が「だっこ~」と恐ろしいことを…)
17:30~ 帰宅、連絡帳へ目を通し、Eテレを見せながら夕食作り開始
     (「ママあそぼ~」と遊びに付き合わされはかどらず、しまいに「お腹すいたの」と
     お菓子に手を出すのを全力で阻止)
18:30~ 夕食(なかなか食べない)
19:30~ 後片付け、すこし一緒に遊ぶ
20:00~ 娘と一緒にお風呂
21:00~ 歯磨き(なかなかしない)
21:30~ 絵本を読み、寝かしつけ(なかなか寝ない)しつつ、一緒に就寝
     (試行錯誤の結果、この時に寝ないと目が冴えて明け方まで眠れなくなるので)


職種にもよるかもしれませんが、在宅勤務をお考えの主婦(夫)のみなさま!お互いにがんばりましょう~!

鈴木 真理子