NEWS ABOUT Solution WORKS TEAM BLOG お問い合わせ JP EN

PMBOK 其の十一:プロジェクトを推進するために必要な「職務」とは?

【戦国PM講座】
~ まんがで学ぶ PMBOK プロジェクトマネジメント標準 ~

戦国WEBディレクション講座

ミネアサヒの指導のもとOJTでWEBディレクションの経験を積んできた新之助は、一層のスキルアップを目指し、PMBOKに基づく「プロジェクトマネジメント標準」を学び始めた。PMBOK第6版と第7版の違いを学び、志も新たにする新之助だったが、PMが担う職務については認識がふんわりしているようで…

登場人物紹介

~ プロジェクトマネジメント標準 2.3 プロジェクトに関連した職務 ~

初回の接見に丸腰で挑むとは愚かなり!

ディレクターつや姫のワンポイントアドバイス

今日も殿を怒らせてしまいましたね。。。

プロジェクトを推進するのは“人”です。個々人が自分の職務を全うし、その働きを噛み合わせチームを効果的に機能させることが、プロジェクト成功のカギと言っていいでしょう。

では、プロジェクトにおける「職務」とはどのようなものでしょうか。PMBOKガイドでは次のように説明されています。

プロジェクトを効果的かつ効率的に実行するために必要な職務を果たすことで、これを実現する。
(中略)
プロジェクトがどのように調整されるにせよ、プロジェクトチームの集団としての作業が、成果、ベネフィット、価値を実現する。
*『PMBOKガイド第7版』プロジェクトマネジメント標準 P12

プロジェクトにはさまざまな職務があります。プロジェクトの規模や内容によって1人が複数の部分を担ったり、大勢で細かく分業して進めるといった違いはありますが、それぞれの専門性や役割を持つメンバーが職務を遂行することで、求められる成果を実現するという点は同じです。

一般的によく見られる職務として、PMBOKガイドでは次のような項目が挙げられています。

・2.3.1 監理と調整
・2.3.2 目標とフィードバックの提示
・2.3.3 ファシリテーションとサポート
・2.3.4 作業の実行と洞察への貢献
・2.3.5 専門知識の適応
・2.3.6 事業の方向性と洞察の提供
・2.3.7 資源と方向性の提供
・2.3.8 ガバナンスの維持

プロジェクトが求める成果物や、組織、環境その他の要因によっては、これ以外の職務が必要とされることもあります。

また、これらの職務を分担する人数・範囲もチームごとにさまざまです。例えばWeb制作なら、Webディレクター、プロデューサー、営業、制作スタッフのように細かく分ける場合もあれば、Webディレクターが多くの部分を占める場合もありますよね。

新之助さんはどのような職務での活躍を希望していらっしゃいますか? 逆に、不得意な分野はあるでしょうか? それがわかると自分の成長のために学ぶべきポイントも絞りやすいですね。

そういえば以前、新之助さんがWebディレクターを務めるプロジェクトが炎上した時に、他のお仕事を手伝おうとして殿に怒られていましたね。

其の五十九「炎上中のディレクターが制作作業を手伝うべきでない理由」

メンバーそれぞれが、自らの職務を全うすることで全体としてチームが機能することが大切なのですね。

各職務の詳細については、次回以降詳しく解説して参りましょう。

教訓:丸腰で臨むは負けフラグ!

(^^♪ 次回:具体的に何をすればいいの? プロジェクトの職務「監理と調整」編


【出典・参考文献】
Project Management Institute, Inc.
プロジェクトマネジメント知識体系ガイド
PMBOKガイド 第7版+プロジェクトマネジメント標準
一般社団法人 PMI 日本支部,2021.274p.


Twitter もよろしくの