NEWS ABOUT SERVICE WORKS TEAM BLOG RECRUIT お問い合わせ JP EN

ミャンマー側オフィスでの従業員の働き方紹介 (Introduction of the working styles of Spiceworks Myanmar)

こんにちは、スパイスワークスのミャッと申します。

今回はスパイスワークスミャンマーオフィスでの従業員の働き方やお仕事の流れを紹介したいと思います。

現在弊社では10人の従業員が働いています。

皆さんは20代前半となります。お仕事としては基本的に日本側のコーディング案件や社内プロジェクトなどを行っております。

Greeting  from Myat Min Swe,

During this time, I would like to introduce the working styles and implementing the procedure of our staffs from Spiceworks Myanmar.

Currently, there are 10 staffs working in our company.

Most of them are less than 25 years of age.

In our company, now we are implementing the coding projects (from Japan) and internal projects basically.

いきなりですが、月曜日はみんなでお掃除からのスタートとなります。

汚くなってきたから掃除するではなく、みんなが働きやすい綺麗な空気と環境を守るために清掃を行っています。

それに一緒に掃除をする上で社員達のモラル、チームワーク、連帯感が向上すると思うので、掃除からスタートです。

On every Monday, we all used to start our works with cleaning activity first.

We never wait to clean our working environment till it becomes dirty, as we need fresh air and sound environment for working comfortably and we think that cleaning together can improve our teamwork, moral supports and make the team be more unique.

cleaning

その後に全体会議を行います。こちらでは皆さんのスケジュールや我々の案件の状態、進歩などを確認する時間となります。

After cleaning, we used to conduct a regular meeting to check the progress of our individual staff’s activities according to their planned schedules and project activities.

スケジュールなどの確認が終わったら、今度はウェブ系の技術や知識を共有する発表会になります。こちらでは毎週一人づつが順番に発表しています。

And  then, one of our staff, who is already assigned, has to conduct a proper presentation , to share new knowledge, experiences, and skills concerning with web-based processing and designing.

弊社でのワークスタイルはペアクリエーションとなります。先輩と後輩が一緒に仕事をし、お互いに成長していく感じです。

ペアクリエーションで仕事をするのは時間がもったいないと思われるかもしれませんが、 二人で作業をすることで、ミスが少なくなり後から修正する時間が減りますので、 それがペアクリエーションならでのメリットだと思います。

In our company, two staffs (one Junior and one Senior) have to work together for one task, we called pair creation.

Even though this working model seems to be waste our resources for one task, it can create a lot of merits such as they can grow their knowledge, experiences, and skills by supporting each other and later we can spare our precious time using for checking and fixing our mistakes, as this model can reduce errors a lot.

もちろん、日本側とお仕事のやり取りやコミュニケーションなどは日本語を使用しており、従業員達は日本語も勉強しなければなりません!

最初は日本語学校に通いながら言葉や文法などを学んでいきました。でも、どんな言語にしても学校で学ぶだけじゃなかなか話せるようにはなりませんので、まず口から言葉を出せるように練習する必要があると思いました。

なので、毎週の水曜日に「Let’s talk Japanese」という時間を作ってみんなで日本語が話せるように頑張っています。

For information ,communication and working in our office, we used the Japanese language as the main language. So, our staffs must have to study the Japanese language for working conveniently.

We provide and support them to attend Japanese class. But it is not enough to practice their listening and speaking skills even though they can read and write grammatically.

Thus, we organize an activity called “Let’s talk Japanese” on every Wednesday to improve the Japanese proficiency of our staffs.

加えて、日本語能力試験を受ける人はテストの準備をしています。

Furthermore, for the staffs who already applied to sit for JLPT (Japanese-Language Proficiency Test), have to prepare properly.

毎週木曜日は本社スパイスワークスの社長と「Chat」で管理や経理などについての会議を行っております。

お仕事の進歩などについてもこちらで相談したり、確認したりしております。

On every Thursday we facilitate a regular meeting with Managing Director of Spiceworks from Japan through online chatting.

During this meeting, we used to discuss and consult about our business management difficulties encountered and give some advice and feedback on our project activities.

 

これからも従業員一人一人の技術や能力を成長させていただき、スパイスワークスミャンマーを皆さんの力で成長させていただきたいと思います。

色々な困難や失敗などはあると思いますが、会社のみんなが幸せになるような会社を作っていきます。

We want to build the Spiceworks Myanmar to be grown dramatically by promoting the technical knowledge, capacity, and skills of each and every one of our staffs.

We will create an enabling environment for everyone to be happy to work even though we can have to face a variety of difficulties and challenges.

ミャッ ミン スェ
ひとつ前の投稿 ひとつ前の投稿
ひとつ前の投稿 ひとつ前の投稿 輝けるミャンマーの将来へ