NEWS ABOUT Solution WORKS TEAM BLOG お問い合わせ JP EN

其の十六:ディレクターの初動がチームのモチベーションをつくる

其の十六:ディレクターの初動がチームのモチベーションをつくる

大手呉服屋の美濃屋からウェブ制作の相談を受けたスイスイディレクターのミネアサヒと、その部下で七転八倒ディレクターの新之助。前回はアサインされたメンバーに戸惑いを隠せなかった新之助だが、ミネアサヒのアドバイスで落ち着きをとりもどし、いよいよプロジェクトが本格的にスタート! のはずなのだが、新之助はこのところのんびりモードの様子・・・

登場人物紹介

~ディレクターのリーダーシップ篇~会話:序盤の今こそ道しるべを!

ディレクターつや姫のワンポイントアドバイス

今日も殿を怒らせてしまいましたね。。。

「最初の1時間と最後の1時間の違いを知る」の回でもお話ししたように、「誰が・何を・いつまでにやるか」をスタートの時点でしっかりドキュメントにまとめ、道しるべを示すのは、ディレクターの大切な役割です。

こうすると、プロジェクトメンバーが全体の流れの中で自分の役割を理解でき、自律的に仕事を進めることができるようになりますよね。またディレクターにとっても、何かにつけて質問され声をかけられて常に忙しい状態に陥ることを避け、自分の業務も効率化できる、というお話でした。

実は、このように最初にギュッと全体の動きを握っておくことは、効率だけでなくチームのモチベーションにも大きな影響を与えるんです。

プロジェクトに入った途端、ディレクターから全体の流れと各自のタスクとスケジュールが提示され、ドキュメントで共有されれば、メンバーも気が引き締まるというもの。この雰囲気を作り出すことが大切です。

そう。メンバーはしっかりしたプロジェクトにはしっかり臨み、ダラダラしたプロジェクトにはダラダラ臨むんです。

メンバーの士気がイマイチ上がらないプロジェクトは、序盤でチーム内に意識の低さを許してしまったディレクターにも一因あり…かもしれませんよ。

よくあるのは、忙しいからと最初のドキュメント作成の時間を惜しんだために、後からさらに忙しくなるという悪循環に陥ってしまうこと。残念ながら、器用に回せるディレクターほどそうなりがちなんです。これはもったいない。。。(´・ω・`)

さあ、最初が肝要ですよ! 新之助さん、しっかり ❤️

今日の教訓:最初はギュ~!

(^^♪ 次回はクライアントからの質問攻めに対応する秘訣を伝授するぞ >>

Twitter もよろしくの