NEWS ABOUT SERVICE WORKS TEAM BLOG RECRUIT お問い合わせ JP EN

クラウドファンディングを開催するということ

画像を見てもらえばわかると思いますが、CAMPFIREで絶賛支援募集中です。
https://camp-fire.jp/projects/view/219878
支援してくれた方々にはとても感謝しています。残り10日でsuccessできるように目下活動中。

WIT2020 キャンプファイヤー でクラウドファンディング

2017年より毎年、開催しているミャンマーでWEBサイトまたはWEBアプリケーションを開発した優秀な人物を表彰するクリエイティブアワード(WIT)を今回「CAMPFIRE」というクラウドファンディングで支援(目標¥500,000)を募っています。

スタートするきっかけ

ミャンマー国内では少しずつですが様々なメディアを通じて知ってもらっており、それに比例して応募者数も年々増加しています。デザインやITを学ぶ学生さんにとってはひとつの目標になりつつあります。

一方、日本に目を向けるとスパイスワークスが本アワードをやっていることを知っている人はほぼいない状態です。もっとみんなに知ってほしい!私たちがやっていることに共感してくれる人はどれくらいいるのだろう?という小さな疑問が湧いてきました。そこでクラウドファンディングというプラットフォームを通じてWITを伝えてみようというのが事の発端でスタートしました。

クラウドファンディングを開催するにあたって

以下の項目をプロジェクトチームで何度も話し合いました。

  1. 3年やってきたWITを改めて整理
  2. そもそもWITをなぜやっているのかを言語化
  3. 共感ポイントの抽出
  4. ストーリー性
  5. リターンはどんなものが用意できそうか
  6. 身近な知り合いや友達の存在

クラウドファンディングを開催してみて何がよかったって、プロジェクトに関わる人の意識を合わせ/社内へのプロジェクト理解を深める/WITの言語化/個々の思いを擦り合わせるのにめちゃくちゃ効果的だと感じたことです。そして出来上がったものを自信をもって色々な人に伝えたり、シェアをお願いしたりとTwitterやFacebookで繋がっている身近な人の大切さを感じられるところです。

支援金額は刺激的

CAMPFIREに掲載されて約14日が経ちました。
¥228,000(目標:¥500,000) パトロン数:15人となっています。(2020年2月5日現在)
自分たちがやっているプロジェクトがこうしてダイレクトに数値に現れるととても刺激的です。
15人中10人ほどが身近な知り合いからなので、身近な知り合いからその知り合いへ+さらに色々な人に知ってもらうかが残り10日で肝になってきそうです。そのための施策を練る日々・・・
やれることを精査しながら、前に進んでいくしかありません。

それでも何度もアクセスしてしまう

クラウドファンディングを開催してからというものの、日に何度訪れているのかわからないくらいアクセスする日々・・・プロジェクトの動向が気になってしまう病になってしまいます。たまにクライアントから何度も訪れたくなるサイトにしてほしいという要望を頂きますが、まさに私がこうして何度も訪れてしまうことがなぜなのかをしっかりと言語化すれば良い提案ができそうな気がしてます。

最後に

現在開催中の「https://camp-fire.jp/projects/view/219878」ですが、終了日が2月14日となっています。
皆様からの熱いハート(支援)をお待ちしています。

よかったらTwitterやFacebookで情報を発信中です。見てください❤️
https://twitter.com/spiceworksjp
https://www.facebook.com/SpiceworksLtd/

2月14日以降に総評としてアップデートします。
未来はどうなっているのかわかりませんが、2月14日に笑顔で迎えられるようがんばりますっ!