NEWS ABOUT SERVICE WORKS TEAM BLOG RECRUIT お問い合わせ JP EN

Works 制作実績

カラダテラス海老名

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス

新施設の立ち上げに伴う、総合的なデザイン提案

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス様は、東埼玉総合病院、海老名総合病院、座間総合病院などの医療機関を運営されています。スパイスワークスとは以前よりお取引がありましたが、この度、新たな健診センター「カラダテラス海老名」の立ち上げに伴い、WEBサイトなどのデザイン制作に加え、外観や内装デザインのアドバイザーという立場で総合的な提案をさせていただきました。

カラダテラス海老名

デザイン全般を一手に担う外部ブレーンとして

一般的な健診センターは受診者様が各科を周って健診を受けるものですが、「カラダテラス海老名」は“個室”で健診を受けることが可能。医師や看護師が個室に訪れ、効率的に進められるシステムを導入することで、わずか1時間半で検査を終えることができる画期的な健診センターです。
「個室で健診が受けられる」という特徴的なコンセプトをもとに、健診センターの外観・内装から、看板、ロゴデザイン、チラシ、ポスター、パンフレット、ノベルティ、スタッフの名札、診察券などをデザインさせていただきました。

多角的な視野を持ってデザイン戦略を立案

今までの検診センターでは考えられない「個室で健診を受けられる」という魅力を伝えるのは、非常に難易度の高いことでした。そこで、「個室で検査 ワンランク上の健診を」というコンセプトワードをご提案し、これをもとにデザイン戦略を組み立てていきました。クライアントは、ブランディングの根幹はデザインにあると考えられており、毎週コンセプトやデザイン方針について打ち合わせを重ねました。また建設会社とのデザイン会議や定例会議にも参加させていただいたことで、多角的な視野を持ちながらデザインを作り上げることができたと考えています。
デザイン全般において工夫したのは、競合他社との差別化を図っていくべく高級感を伝えていくこと。サイトや紙媒体などで使用する写真についても、コンセプトに沿った雰囲気の良い素材を撮影しました。

提案内容に制限を設けない姿勢を評価

スパイスワークスは単なるWeb制作会社ではなく、どんなことでも相談をすれば一緒に考えてくれる、提案をしてくれる、というフットワークの軽い点を評価いただいています。今後は健診センターのユーザー動向を見ながら、改善提案や新たな取り組みも積極的にご提案していきたいと考えています。