Photoshop/Illustratorで継ぎ目のないパターンを作る方法

こんにちは!田島(旧姓:近藤)です。

先日会社でかなり盛大に結婚祝いをしてもらいました。

スパイスワークスのメンバーは本当にみなさん優しいです。こんな風に祝っていただけて本当に幸せものです。。感謝です。。

何を書こうか悩んだのですが、今回はPhotoshop/Illustratorで継ぎ目のないパターンを作る方法をご紹介しようと思います。
使う機会少ないかもしれませんが参考までに…

<Photoshop篇>

継ぎ目をなくしたい画像を用意する。

まずはパターンつくりたいなっていう画像を用意します。
今回は長方形で、パターン化すると微妙に継ぎ目が見えちゃう紙テクスチャにしました。

 

正方形のファイルを新規作成し、用意した画像をもってきます。(今回は400px×400pxです。)
Ctrl+Aで全選択し、新規レイヤーにカット&ペーストします。こうして正方形の周りの不要な部分を削除しないと、次の手順でうまく動きません。。

 

フィルターを適用する。

次に、フィルター→その他→スクロールを選択し、ラップアラウンドにチェック。
画像サイズの半分の数値(今回は400px×400pxなので、それぞれ200px)を入力します。
ラップアラウンドは、数値分画像を右や下へ移動させ、はみ出た部分が反対側から出てくる機能らしいです。

 

こんな感じになりました。
このままだと中央部分の切れ目が気になるので、コピースタンプツールなどで微調整を加えます。
あまり端の方は手を加えないほうがいいです。

 

微調整をして完成!

てきとうに微調整を加えて、継ぎ目のないパターンの完成です(●・ω・)/

 

<Illustrator篇>

画像を用意する。

Photoshop同様、まずは画像を準備します。
弊社甲斐の描くイラストにたびたび登場する猫ちゃんを使ってみました。

 

パターン作成機能を使う。

配置した画像を選択し、オブジェクト→パターン→作成をクリックします、と・・・。

 

あっという間に完成&編集も可能!

あっという間に完成!スウォッチパネルに登録されます。
うおお・・・イラレすごい・・・。
しかもプレビューを見ながら、編集もできちゃいます。
なんて便利なんだ・・・。

 

<まとめとおまけ>

作りたい対象によっても、どっちを使ったら作りやすいのか変わるかと思いますが、なにかの参考になれば嬉しいです~~。
最後におまけで、猫ちゃん壁紙をつくったので、気が向いたら使ってください。6月のカレンダーつきです。

1024×768
1280×1024
1920×1200

 
Pocket