NEWS ABOUT SERVICE WORKS TEAM BLOG お問い合わせ JP EN

Works 制作実績

立論要約システム(VoicingBoard)

茨城大学

立論要約システムとは、双方向漫画要約の実施を支援するためのシステムです。
双方向漫画要約とは、説得的プレゼンテーション実現のために提案された方法で、以下のような手順で行われます。
 1.プレゼンテーションを行う側が、漫画でプレゼンテーションを実現し、作成する。
 2.作成されたプレゼンテーション漫画を見て、聞き手は自分の視点からプレゼンテーション漫画を作成する。
 3.1と2の作成されたプレゼンテーション漫画を見て、議論を行う。
 4.その結果を受けて、それぞれがプレゼンテーション漫画に改良を施す。
当システムは、この方法をWebブラウザを用いて実現します。

立論要約システム(VoicingBoard)

楽しんで学べるインターフェイス

インターフェイスデザインを洗練されたものにすることで従来の教材と差別化し、また学生が楽しんで学べるものを目指しました。
Flashでリッチインターフェイスを開発することにより、ソフトそしての機能だけでなく情緒的な部分で気持ちの良い演出を実現しています。

開発には「アジャイル開発手法」を用いました。
完全な仕様を固めてそれをもって開発を進めるのではなく、開発とクライアント確認を繰り返しながら徐々に精度を上げてゆくことで、柔軟な対応が可能となり高度なユーザビリティを実現することができました。

研究を重ねる中でユーザー対象が多くなり、ユーザーのための機能追加を行っております。バージョンアップを重ね、現在では3次開発を完了しました。
ユーザビリティを高めることで、現在は大学だけでなく小学校でも利用されています。
日本教育工学会 第23回全国大会で発表されました。