NEWS ABOUT SERVICE WORKS TEAM BLOG RECRUIT お問い合わせ JP EN

複雑なプロジェクトを円滑に!クオリティも信頼できるホームページリニューアルとは?

ホームページ制作や運用では、たくさんの工程や人が複雑に絡み合っています。進行がスムーズにいかないことや、運用がうまくいかないなんていうケースも存在します。
提案内容に納得できない、デザインをもっと変えたい、スケジュールが決まらないことやコミュニケーションがうまくとれない、リソース管理ができない、予算が通らない、お客様側の社内状況などなどプロジェクト進行にはたくさんの要因が絡んで複雑になっていきます。

複雑なプロジェクトも円滑に進行をしていける

スパイスワークスでは、「プロジェクトマネージメント」を大切にしています。

「プロジェクトマネージメント」とは案件(=プロジェクト)をどう進めて、どう実行するかを計画し、プロジェクトの目的を達成するようにコントロールする方法です。

プロジェクトを通して、より効果的なアイデアや提案のクオリティを最大限に引き出していけるよう、プロジェクト進行で発生するさまざまな課題を円滑に解決していくためのポイントを意識してプロジェクトを進めています。

スコープマネージメント

今回は、そのプロジェクトマネージメントで押さえておくべきポイントを一部簡単にご紹介します。

スコープ(=やるべきこととやらなくてよいこと)を明確にしていく

「お客様が考えていたやってほしいこととこちらがやっていることが違っていた。」

ということがプロジェクト全体に大きな影響を及ぼしてしまいます。
これは、制作側だけでなく、お客様側にとっても大きな問題になります。

自分の中の「あたりまえ」と自分以外の人の中の「あたりまえ」は同じではない。

それを前提に、相手に伝わり理解できるコミュニケーションをおこない、目的やゴールに応じて「何を作るか」、「何を作らないか」を明確にして、提案し共有していきます。

これを共有することで、よりよい制作物や解決策を考える時間を増やし、高い成果へつながっていきます。

 

スケジュールは作業単位まで分解し明確にしていく

ホームページ制作では多岐にわたり工程が必要なため、スケジュールの見通しがつきにくい面もあります。

そこで、制作物やするべきことは作業単位まで分解し、それぞれの作業に対して明確に担当を決め、どれくらいの時間がかかるかを想定しボリュームを把握していきます。
これにより、スケジュールや費用の精度をより高めていくことが可能です。

 

イメージを共有していく

お客様の欲しいもの、作りたいものや目指すゴールに合わせて、最大限の効果を発揮できるアイデア、提案やクリエイティブを目指していきます。
そのプロジェクトの制作過程で、そのアイデアや提案、進行状況などお客様やプロジェクトメンバーの頭の中のイメージをなるべく近づけていけるように心がけていきます。

イメージ共有

例えば、打ち合わせ中に手書きでどんどんアイデアのイメージを共有したり、ドキュメントでやるべきことを把握したり、さまざな方法・タイミングでイメージや状況を共有できることを実行していきます。

相手に「伝わる」コミュニケーションができるか

プロジェクトメンバーだけでなく、お客様も、別の人間で考え方や捉え方、知識レベルはさまざまです。
コミュニケーションは、人それぞれにあった伝え方や言葉の選び方で伝わるかどうかが変わります。

お客様だけでなくプロジェクトメンバーにも「伝わる」コミュニケーションを考えて、相手に合わせた速度、相手の反応で理解しているかを見る、物事を簡潔に伝えることで円滑に進めていくことを心がけていきます。

クリエイティブもプロジェクトの進行もすべて「伝わる」ことにこだわる

自社のホームページのリニューアルや運用やブランディングという、多数の人が関わり複雑化するプロジェクトにおいて

「コミュニケーション」

これが成功を左右する大きなポイントになると考えています。
良質なコミュニケーションで、プロジェクトのゴールを共有して進めていくことができるかが、大きなポイントになります。

コミュニケーション

これはプロジェクトメンバーやお客様だけでなく、使うユーザーに「伝わる」ことにも繋がります。
お客様の好みに合わせることではなく、まずお客様の目指す目的や伝えたいことがユーザーに本当に「伝わる」こと。

そして、そのユーザーの満足がさらに伝わってどんどん広がっていくことこそが、最大限の効果だと思います。

スパイスワークスでは、「プロジェクトマネージメント」を軸にしていくことで、複雑化するプロジェクトを円滑にしていくことを心がけています。
それは同時に、お客様の目指すゴールに向けて、最大限の効果を引き出せるアイデアやクリエイティブにより集中していくことが可能になると考えています。

自社のホームページをリニューアルしたい、ブランディングを考えていきたい、運用がうまくいかないなどあれば、ぜひ一度ご相談ください。